©2019  株式会社魔法アプリ

Virtual Reality Exposure System

パニック症

広場恐怖症

限局性恐怖症

(雷・悪天候・高所・医療行為)

社交不安症

(面接・スピーチ・会食場面)

による、不安対象へのトレーニングとして、曝露療法をバーチャル空間で実施可能なパソコンで動作するソフトウェアです。

曝露療法とは?

曝露療法とは不安障害の患者さんが不安や恐怖を感じる場面に対して少しづつ段階的に慣れて行く治療技法です。

不安場面に直面すると、一時的に強い不安を経験しますが、最終的には安全な状態に落ち着いていきます。この時間は20分~30分程という事が判明しており、これを8回から12回ほど繰り返すことで、強い不安を克服することができます。

​例えば広場恐怖で電車が苦手な人でも、空いている電車・駅間隔が短い電車・速度が遅い電車などの比較的低い恐怖のものから、満員電車・急行・速度の早い電車など特に苦手とするものへ段階的に慣れていくことで、最終的に広場恐怖を克服することができます。

VR曝露療法について

  1. 安全であり

  2. 患者の心理的ハードルが低く

  3. 病院などの部屋の中でもどこでも実施が可能

1.バーチャル空間での体験は人工現実によるものです。

そのため、安全な環境でトレーニングすることができます。

2.カウンセリングルームでの実施が可能なため、専門家の指導のもとで曝露療法が実施できます。

​3.曝露療法は通常苦手な場面への曝露が必要となるため、カウンセリングルームで実施が難しい課題を、人工現実感により部屋の中でも飛行機・電車などの再現が可能となります。

Virtual Reality Exposure System

不安症に対する曝露療法を​VRで

曝露療法とは?

曝露療法とは不安障害の患者さんが不安や恐怖を感じる場面に対して少しづつ段階的に慣れて行く治療技法です。

不安場面に直面すると、一時的に強い不安を経験しますが、最終的には安全な状態に落ち着いていきます。この時間は20分~30分程という事が判明しており、これを8回から12回ほど繰り返すことで、強い不安を克服することができます。

​例えば広場恐怖で電車が苦手な人でも、空いている電車・駅間隔が短い電車・速度が遅い電車などの比較的低い恐怖のものから、満員電車・急行・速度の早い電車など特に苦手とするものへ段階的に慣れていくことで、最終的に広場恐怖を克服することができます。

VR曝露療法について

安全であり

患者の心理的ハードルが低く

病院などの部屋の中でもどこでも実施が可能

1.バーチャル空間での体験は人工現実によるものです。

そのため、安全な環境でトレーニングすることができます。

2.カウンセリングルームでの実施が可能なため、専門家の指導のもとで曝露療法が実施できます。

​3.曝露療法は通常苦手な場面への曝露が必要となるため、カウンセリングルームで実施が難しい課題を、人工現実感により部屋の中でも飛行機・電車などの再現が可能となります。

Award

  1. 日刊工業新聞 

  2. 慶応健康医療ベンチャー大賞

  3. 関東学生ビジネスコンテスト

  4. 起業家甲子園

  5. 八王子ビジネスグランプリ

  6. ​三鷹ビジネスプランコンテスト